スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田大学を受験する人へ 

<場所>
理工を目指す人でも、本キャン(西早稲田キャンパス)や
戸山キャンパスで受験することがあるので、受験票を確認するように
してください。受験会場は大久保キャンパスなのに、本キャンに行く
というパターンは怖いです。しっかり確認しましょう。

<入試問題>
早稲田の入試問題で特徴的なのは何といっても英語です。
英語は妙に分量が多く、下手をすると読みきれないという
くらいの多さです。少なくとも、ぶっつけ本番であせって
取れるところを落とすことはなくしてほしいと思います。

数学、理科(物理化学)は、「自分がどうにもならないと思う問題」は
受験生全員、なんとかなってません。だから大丈夫です。
何よりも大事なのは、たとえ新傾向でも、あせらないことです。

<合格発表>
合格発表はココ(リンク)で行われます。
なにしろ、国公立受験期間中に発表されるので、どのように対処
するかは読者さん自身の問題です。
ちなみに私の場合は、国公立2日目が終わってからホテルのPCで見ました。
親と上京してたので一緒にホテルで歓喜したのを覚えてます。

<補欠>
先進理工学部などの場合は、第2志望まで書けると思います。
第1が望まれない結果であっても、第2で補欠、ということもあります。
その場合は、電話での合格発表を行っていました。
日程は各自で願書等をご確認ください。

<個人的な補足>
私が受験した年はとても難易度が高く、たぶん落ちたとまで思いました。
でもこうやって早稲田生として記事を書いているので、そういうこともあるということです。
周りも同じように暗い顔でいっていたので、平均が下がってたようです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。