スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学科紹介~生命医科学科 

今回は、医学部のようなネーミングのされた
 先進理工学部「生命医科学科」
について紹介します。

生命医科学科は、一般に言う医学部とは少し趣が異なります。


▼ 記事続き ▼

医学部はどうしても、将来の医者の養成という、絶対的な使命のような
ものを背負っているので、どうしても臨床医養成に
力が偏りがちな傾向があります。
この学科は、医学部のさらに研究医養成だけを取り出し、さらに分子、遺伝子に
照準を置いたようなものの要素が強いと考えればよいかと思います。
また、微生物の研究を行う研究室もあります。

したがって、分子や遺伝子レベルでの病気になるまでのプロセスの解明など、
病気に関するミクロな研究を行いたい人には向いていることでしょう。

ただし、注意するのは、
ネームバリュー、偏差値で選ぶ学科ではあってはならないということです。
案外、「泥臭い」研究を必要とします。
研究自体がそれほど苦でないならいいのですが、
たとえば目の前の患者さんを直すといったような、
短期的な結果を求めたい人にはあまり向いていないかと思います。
うかつに医学部の滑り止めなどという気持ちで志願すべきではないと思います。
しっかりその点を熟慮したうえでの判断であれば問題ないのですが。

ちなみに、おまけ情報を2つ。
1つ目に、比較的他学科に比べ、女性が多い学科です。
男子諸君には朗報でしょうか?
2つ目に、1年後期には、どこかの医学部に行き、実際の解剖実習の見学がありました。
ただ、本当に「見学」です。解剖を実際に我々がするわけではありません(2009年度)。

#学科HP
 http://www.biomed.sci.waseda.ac.jp/
#学科研究室について
 http://www.biomed.sci.waseda.ac.jp/global/staff/index.html
#当サイト内リンク「世界一薄いバンソウコウ」(2009/07/07付)
 http://wasedariko.blog86.fc2.com/blog-category-13.html#entry65


理工ガイド内関連記事

   - 学科紹介~生命医科学科
   * 学科紹介~電気情報生命工学科
   * 学科紹介~環境資源工・社会環境工

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/104-b828869a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。