スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(新高3生へ)数3の学習プラン 

現高3生(、浪人生)はあと1カ月と少しで
まずセンター試験ですね。
カゼにはくれぐれも気を付けてください。
インフルエンザ注射もうっておくといいと思います。

さて、今日は、新高3(現高2生)へ、
「数3の学習プラン」を伝授します。
数3は、
・範囲が広い
・微分積分が特に大変
という噂をどこかで聞いたことがあるかと思います。
ですので、


▼ 記事続き ▼

まだ数3が始まる気配が全くない早稲田理工学部を目指す方は、
(高3になってから数3を扱う学校の現高2生)は、ぜひ
高3の夏休みに入るまでに数3教科書レベルの問題が解けるように
なっていてほしいと思います。そのため、
来年1月から、徐々に、でよいので勉強を進める」
ことをオススメします。

高3の1学期から学校のカリキュラム通りで何が問題かというと、
「格好の復習期間として利用できるはずの夏休みが使えないこと」
です。
何を使って進めるのがよいのか。
教科書を持っている人は、それで勉強するのがベストです。
練習は、チャート式(黄)(数研出版)でするといいです。
教科書がなければ、チャート式(黄)がオススメです。
初学者には、青はすこしレベルが高いと思います。
授業のような解説がほしい場合は、予備校講師がくわしい解説を
している本を、まさに「参考書」として、読み物のように読むと
よいでしょう。
なお、数Cは案外すんなりと理解できると思いますのでそれほど
急務ではないと思います。一通り微分・積分の基礎が落ち着いてくる
6月手前ぐらいから手をつけても十分間に合うでしょう。

とにかく、繰り返しになりますが、
高3の夏休みに入るまでに数3教科書レベルの問題は解けるように
を目標に、参考書の基本問題をとりあえずは一周するとよいでしょう。
(編者注:あくまで提案です。最後は自分で考え、決めましょう。)


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/111-e02cd82d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。