スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生のためのフリーソフト紹介 

大学生に便利なフリーソフト(Windows用)を幾つか紹介してみます。
今回は理工系に特化したジャンルのソフトというよりは
汎用的に使えるタイプのものを中心に選んでみました。
よさそうなものがあれば是非使ってみてください。


▼ 記事続き ▼

・Rapture
http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se386376.html
画面の一部を切り取れるソフトです。
このソフトを起動するとマウスカーソルが"+"の形に変わります。
その状態で好きな位置から位置までをクリックで指定すると
その部分が切り取られて表示されます。
切り取った部分はそのまま画面に表示したり,
コピーしてWordに貼りつけたり,画像として保存できたりします。
インターネットの情報を見ながらレポートを書く,
みたいなときにこのソフトがあるといちいち
ウインドウを切り替えなくて済むのでとても重宝します。
インストール不要で使えるのでUSBメモリーにいれておいても大丈夫です。

・VPNClient
https://www.wnp.waseda.jp/portal/portal.php
早稲田大学内にパソコンを持ち込んで
インターネットをするときに欠かせないソフトです。
Waseda-net portalの右側"マニュアル"から
 "02_ネットワークサービス"
   >"無線LAN"
     >"ダウンロードファイル"
からダウンロードできます。
インストール方法がややこしいですが,
一緒にマニュアルがおいてあるのでその通り設定していってください。
■ 校内でのネット利用
設定が終わった状態でパソコンをネットに繋ぐには
  1,パソコンの無線で"waseda"を探して繋ぐ(パスワードなし)
  2,VPNClientを起動し,Connectを押す
  3,自分の学籍番号(ハイフンなし)とwaseda-netのパスワードを入れる
  4,成功したらインターネット接続可能
  (※プロキシの設定を忘れないで下さい)
また"無線LAN用"の設定と"学外接続"用の設定の2種類があります。
学校内で無線を使う為には前者だけを設定すれば大丈夫ですが,
余力があれば"学外接続"の設定もすると便利です。
これをやると家のパソコンから
「学内参照」の情報やUNIXシステムへアクセスすることが出来ます。

・Microsoft Security Essentials(MSE)
http://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp
Microsoftが無料で公開しているウイルス対策ソフトです。
インストールしても重くならず簡単に使えます。
他のウイルス対策ソフトをいれている方は不要ですが,
何も対策していないとか更新期限切れたままという方は
今すぐこれをインストールすることをオススメします。
大学生だとデータをUSBメモリーでやり取りすることも多く,
対策していないとすぐ感染が広まってしまいます。
最近のウイルスはパソコンを壊して使えなくするというより,
正常なまま動作させてパスワードや個人情報を盗むタイプのものが多いです。
なので,気づかないまま重要な情報が流出しているなんて事もあるので,
しっかり対策をしておきましょう。

尚早稲田大学でも公式にウイルス対策ソフトを無償配布しています。
"Sophos Anti-Virus"という法人向けのソフトです。
インストールがちょっと面倒ですが信頼性は高いと思います。

・ToClip
http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tc.html
コピー&ペーストを拡張するソフト。
このソフトを使うとコピーの履歴が増やせます。
普通にコピペしようとすると1つ前にコピーしたものしか使えません。
なので複数のものをコピペするときは何度もマウスを往復することになります。
でもこのソフトならコピーの履歴を残せるので
5個まとめてコピーしたのち5個貼りつけみたいなことが出来ます。
それ以外にも自分のメールアドレスや電話番号など
よく入力する単語を登録しておけば簡単なマウス操作orキーボード操作
ですぐ呼び出すことが出来ます。
いろいろカスタマイズ可能なので,慣れると手放せないソフトです。

・Dropbox
https://www.dropbox.com/referrals/NTc2NDc1ODI5?src=global0
いろいろな場所でファイルを共有管理できるソフトです。
パソコンにこれを入れると"My Dropbox"という名前のフォルダーが出来ます。
そのフォルダーにファイルを保存するとDropboxにファイルが保存されます。
あとは学校や別のパソコンからhttps://www.dropbox.com/に
ログインするだけでいつでも自分のファイルがダウンロードできます。
家で編集したファイルを学校で見る場合いちいちUSBメモリーに入れて
持ち運ぶ必要がなくなるのでかなり快適に使えます。

これだけでも便利ですが,DropBoxの本領はパソコンが複数台ある時に発揮します。
自分所有のパソコン全てにこのDropboxを入れておけば
特別な操作をしなくても全部のファイルを最新の状態にしてくれます。
Aのパソコンで更新した内容がB,Cのパソコンにも反映される訳です。
ファイルを持ってくるのを忘れるなんて事も無くなります。
iPhoneやAndroidにも対応しているので是非。
なお,上のリンクは招待用のリンクです。
ここから登録すれば250MB容量アップします。

・Google日本語入力
http://www.google.com/intl/ja/ime/
Googleが作った日本語入力のソフトです。
インストールすると予測変換が出来るようになったり
固有名詞の変換精度がグーンと上がったりします。
理系だとレポート書くときに専門用語が多く,
うまく変換されずにイライラすることもあるかと思いますが,
このGoogle日本語入力を使えば多くの用語をカバーできます。
2,3文字打ったところで携帯みたいに予測候補が出るのも魅力。
最新版では計算機能までつきました。(数式の最後に=を入れて変換)
例 "2^100=" 変換→ 1.2676506e+030

・LaTeX
論文作成用のフリーソフトです。
インストールも使用も難易度が割と高いので
今回は詳しく紹介しませんが,使えるようになると非常に重宝するソフトです。
使いこなすとWordでレポート書くよりも早くて綺麗なレポートが出来ます。
余力があれば是非チャレンジしてみてください。
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/mycreate/index.html
TeXインストーラを使うのが簡単な導入方法だと思います。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/112-df4050cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。