スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいメールの書き方 

大学生活の中で授業の講師や学科担任,実験事務の方などに
メールで連絡を取りたいと思う事は多々あると思います。
例えば授業についての質問や,進学の相談,欠席の対応みたいなものです。
ただ,こういうメールは友人に送るようなものとは違い
しっかりマナーを押さえて送る必要があります。
そこで今回は正しいメールの書き方を紹介しようと思います。


▼ 記事続き ▼

まずはメールを送る上での基本について。
最低限これだけは押さえて書くようにしましょう。

・Waseda-netメールを利用する
メールを送る際は早稲田から貰ったメールアドレスを利用してください。
このメールから送ることで,ちゃんと早稲田の生徒からのメールであること
を相手に伝えることができます。
パソコンの標準のメールやGmailなどのアドレスから送ると
相手によっては迷惑メール扱いにして見てもらえない場合もあります。
ちゃんとWaseda-netメールを活用しましょう。
緊急の場合で無い限り携帯メールからの送信も駄目です。

・学科,名前などの情報をキチンと書く
メールを送る上で自分が誰であるかをちゃんと書くことは大切です。
失礼無く,適切な返事を貰うためにも自分の情報は書きましょう。
後で文例も載せますが,講師宛の場合などには
大学名から書いた方がいい場合もあります。
メールの最後に載せる"署名"を作って保存しておくと便利かもしれません

・件名を的確に
件名もちゃんと書く必要があります。
1日に何百通もメールを受信している方もいるので,
相応しい件名でないと見過ごされたり後回しにされてしまいます。
件名を見ただけでどういう要件なのか分かるようにしましょう。

・本文は過不足なく
手紙と違い,メールは用件のみを書く方が好まれます。
なので挨拶や本題とは関係ない内容は最低限に留めておきます。
逆に本題については何をどうしたいのか明確に書く必要があります。
ちゃんと情報を書かないと余分なメールのやり取りをすることになり,
双方にとってメリットが無いです。
本題を最初にバッと書いて,補足として必要な情報を追加していく形が
見やすくていいと思います。

最後にどんな感じでメールを送ればいいかの例を載せておきます。

from: XXXX@XXXX.waseda.jp
to: 相手のアドレス
件名: 学期末試験の成績について
―――――――――――――――――――――――――――――――――
早稲田大学×××学科の××××を
受講している××××というものです。
先日実施された学期末試験の成績について
質問があったのでメールさせて頂きました。

期末試験での成績というのは教えてもらえるのでしょうか。
試験の出来が気になるので可能であれば是非教えて頂きたいです。
お忙しい中、お手数をおかけいたしますがよろしくお願いします。

*―――――――――――――――――――*
早稲田大学 ××理工学部
 ××学科 X年 1XXXXXXX-X(学籍番号)
×× ××(名前)
XXXX@XXXX.waseda.jp(メールアドレス)
*―――――――――――――――――――*


授業関連のメールの場合,次のようにどの授業を取っているのか
という情報も必要となってきます。学籍番号も入れておきましょう。
尚,授業の講師の連絡先アドレスは理工事務所にて知ることが出来ます。
教授等の場合は研究室のホームページなどからでも見つけられると思います。
また,上のように相手に依頼する形のメールであれば,
返事が来た時にちゃんとお礼のメールを出すようにしましょう。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/115-72600ec3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。