スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金登録について 

今日は、奨学金登録に関して、おおまかなお話をします。
(詳細に関しては割愛しています。
 必ず自分の目で、奨学金情報冊子Challengeを確認してください。

Challengeという冊子を入手し、必要事項を記入し郵送します。
提出期限(消印有効)については、
新2年以上の在学生 3/15(火曜) 3/23(水曜)
 新入生  3/23(水曜)
になります。
 ※追記 在校生について3/23までに変更されました。(3/14に確認)
 http://www.waseda.jp/syogakukin/20110314_syogakukin_tourokuenchou.pdf


▼ 記事続き ▼

ひとり暮らしで東京に出てくるためにコンタクトがとりにくく
なる方は特に注意が必要です。

新入生と在学生でやるべきことは変わってきますので、
分けてお話します。
1. 在学生
 日本学生支援機構奨学金については、Webでの更新で
 手続きは完了です。(p.2に記載)
 ただし、校内奨学金を登録する場合は、更新が必要です。
 更新に必要な手続き、および書類は、下の2.1早稲田大学への郵送のみです。
 また、2年以上ではあるが、今年初めて登録という場合は
 新入生とほぼ同じ手続きが必要です。
 (提出すべき書類が、在学生用になる点が異なります。)

2. 新入生
 入学手続き自体大変なのにまたさらに・・・という気持ち
 を御察しします。ただ、過激に大変なのは1年目だけです。
 やるべきことは大きく分けて2つです。
2.1 早稲田大学への奨学金情報書類の郵送
2.1.1 奨学金登録票(A)
 注意すべきなのは、高等学校の成績記入、および押印が必要なことです。
 早めにアクセス、コンタクトをとり、準備しておきましょう。
2.1.2 奨学金登録票(B)
 下に記します、日本学生支援機構への出願手続きの1部として必要です。
2.1.3 奨学金登録票(C)
 必要な収入に関する書類(※※)をそろえ、ホチキス止めしてください。

2.2 日本学生支援機構
 「Challenge別冊」での手続きを完了させることで、手続きは終了です。
  4/1~4/20(忘れがちです。。)
 の間に理工学統合事務所(51号館1Fにあります)に提出をする必要があります。

※日本学生支援機構への出願は、2年目以降は、Webでの
 更新手続きだけでよくなるので、ずいぶん楽になります。
(つまり、Challenge別冊は初年度だけです。)
 ただし、校内奨学金を登録する場合は、次年度からも更新が必要です。


※※必要な書類とは?
 詳細については必ずChallengeをご確認ください。
 (過不足に関しては細心の注意を払っておりますが、責任は負いかねます。)
 ただし、ここ3年の間に(2008年12月より)、
 家族の中で大きな変化(転職など)がない場合を想定の上、説明します。
 変化がある場合は以下に示すこととは大きく異なる場合があるので
 必ず。
 基本的に、父親、母親、あとは就労している家族全員について
 すべての方の提出が必要です。
1. 会社勤務(父親母親問わない。以下同じ)
 →所得証明書、源泉徴収票
2. 無収入(専業主婦含む)
 →所得証明書、無収入者の状況報告書(申告、Challengeの巻末にある)
3. 自営業
 →所得証明書、平成22年度分確定申告書(第一表・第二表)
会社経営者や生活保護を受けている場合など、その他の事情は割愛します。

 手続きが面倒ですが、2年目になると、ずいぶん楽になるので、
 トライしてみる価値はあると思います。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/118-12a7f9dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。