スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西早稲田キャンパス校舎紹介 

西早稲田 簡易キャンパスマップ 校舎
西早稲田キャンパス(理工学部は全てここ。)について。
アバウトな配置は上のマップのようになっています。
数字は●●号館の●●にあたります。

※補足(10.07.27)
 記事の投稿時は、大久保キャンパスと呼ばれていましたが、
 今では西早稲田キャンパスと名称が変更になっています。


キャンパス自体はそんなに大きくありません。
細長い敷地で、すぐ一回り出来てしまいます。

以下具体的な校舎の紹介を。
(理工学部生がよく使うものだけをピックアップ)


▼ 記事続き ▼


大きな地図で見る

・63号館
大久保キャンパス内で一番新しい建物です。
高田馬場から大学へ向かう場合,
戸山公園を抜けるとまずこの校舎が目に入ります。
1F ホール&理工レストラン
 ホールの脇に馬車道が経営している食堂があります。
 出入り自由なので、食事以外にもよく活用されます。
2F 大教室
 可動式の仕切りがついた大きな教室があります。
 特殊な授業、オリエンテーション、試験などで使われます。
3F 端末室
 授業等で使うコンピューターがあるフロアです。
 A~Gまでの7部屋あり、授業の無い部屋は
 学生が自由に使えるようになっています。
 有料のプリンターもあります。
B1 実験室
 地下は主に実験室となっています。
 2年以上の実験(特に電気系)はここを使う場合が多いです。
 基礎実験の事務所もこちら。
4F~7F
 研究室やゼミ室などがあります。
 1,2年のうちはあまり用がないかと。
 平日以外はフロア自体に入るのに学生証が必要です。

・52、53、54号館
3つの建物が並んでいますが、
これはどれも授業用の教室があります。
ほとんどの講義はこのどれかで行われます。
建物の角に教室が配置されているので
最初中に入ると方向を混乱するかもしれません。
教室の大きさはおよそ52>53>54の順となっています。
また、52の地下は学生読書室(図書室)、
53、54の地下は自習室となっています。
学生読書室は理工系の書籍が多く揃っています。
学生証があれば貸出も出来るのでどんどん利用してみてください。

・56号館
地下
 カフェテリアがあります。
 こちらも自由に出入りできる形式となっています。
 お昼時は物凄く混雑するので要注意です。
 食器返却口付近から外へ出ると
 東京メトロ「西早稲田駅」へとつながる
 エスカレーターがあります。
 (大学から出ること無く電車に乗れます。)
1F
 大きめの教室があります。
 一部授業、テストで使用。
2F、5F
 理工学基礎実験の多くはここで行われます。
 2Fには実験レポートの提出口があります。

・57号館
2F
 理工で唯一段状になっている大教室が2つあります。
 人数が多いのはほとんどここで。
 向かって左が57-201,右が57-202です。
 教室の前にはカウンターやテーブルなど
 ちょっとしたことに使えるスペースがあります。
1F
 CAD室。建築の学生はここで製図などをします。
 他の生徒は基本入室できません。
地下
 生協のパンショップ、購買、書店があります。
 最近改装して綺麗になりました。
 教科書販売、ATM(ゆうちょ・みずほ)、証明写真もこちら。

・61号館
基礎実験の一部(生物関連)は
こちらの建物にて行われます。
また3Fには小さめの端末室があります。
ALCの英語教材を聴くための部屋や
Mac室もここの3階に用意されています。

・51号館
理工学部のシンボルとも言える高い建物です。
1Fは事務室、2Fにはレポート提出口、
地下は理工図書館となっています。
事務所は何かとお世話になると思います。
なにか聞きたいことがあればまずここへ。
地下の理工図書館は1,2年のうちには使わないような
難しい本ばかりです。調べ物は読書室の方を使いましょう。
でも,内部は外からは分からない位広大です。
一度見に行ってみると面白いと思います。
また,そとからしか入れませんが,
2階には学生ラウンジがあります。
机がおいてあるのでちょっとした話し合い等によく使えます。
コンセントやフリーの無線LANも完備しています。
売店やコピー機なんかもあります。
タダコピという裏面に広告が入ることで無料でコピー出来る
コピー機もありますが,人気のあまり用紙切れしてることが多いです。

・59号館
材料系や工作系の実験室があります。
密かに63号館と52号館の近道でもあります。

沢山校舎があって分かりづらいと思いますが,
とりあえず最初は51,52,53,54,56,57,63号館の
7つの建物の位置と名前を覚えておけば
まず困ることはないと思います。


理工ガイド内関連記事

   * 入試直前のキャンパス
   * TULLY'S COFFEE
   * 理工端末室(63号館)
   * 連絡バス
   - 西早稲田キャンパス校舎紹介
   * 理工キャンパスへのアクセス方法
   * 早稲田キャンパス

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/24-ca4f0ffc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。