スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンに関するQ&A (2011/02/17 追記) 

新入生から多く質問のあるパソコン関連のQ&Aはこちらに纏めました。
その他の質問についてはこちらを御覧ください。

目次
1.Q「早稲田理工に入るにあたってパソコンは必要ですか」
2.Q「パソコンを買うとしたらどのようなものが良いでしょうか」
3.Q「授業ではどのようなソフトを使用しますか」
4.Q「大学で自分の持ち込んだパソコンをインターネットにつなげますか」
5.Q「生協が販売しているパソコンってどうなのですか」
6.Q「ノートパソコンのバッテリー時間はどれくらい必要ですか」


▼ 記事続き ▼

1.Q「パソコンは必要ですか」
1.A「パソコンはどの学科学部であっても持っていた方がいいです。
   授業の科目を登録する際や課題の提出時など頻繁に使いますので。
   けれど大学内にも自由に使えるパソコン室が存在しますので
   どうしても、という場合はそちらで対応することも可能ですが。
   家に1台はあった方がいいです。

   自分用のパソコンについては状況によります。
   一部学科を除けば自分専用のパソコンが無くても大丈夫にはなってます。
   けれど、あった方が便利なのは確かです。
   レポートを書いたりするようになると家族共用や大学の端末室だと
   使える時間が限られてしまい不自由することが出てきます。
   お金に余裕があれば入学を機に買ってみるといいかもしれません。
   授業でも授業以外でも持ってると助かることが多いです。」

2.Q「パソコンを買うとしたらどのようなものが良いでしょうか」
2.A「大学からスペックに関しての指定はありませんので
    基本的にインターネットが出来れば大丈夫です。
    特段必要があるものは学校にある端末で対処できます。
    
    一応具体的なアドバイスも書いてみます。
    まず一人暮らしなどで家にパソコンが無いという方は
    ちゃんとしたパソコンを一台購入すべきです。
    選ぶ基準としては性能ももちろんですが、
    持ち運べるかという点を気にして選ぶといいでしょう。
    大学生活の中で急にパソコンを持っていく必要が
    出てくる可能性も無くはないので、
    パソコンを買いなおさない為にも携帯性を押さえておくべきです。
    
    一方、家に1台はあるという方はいろいろ選択肢が出てきます。
    こちらの場合も持ち運びを意識しておいた方が確かですが、
    あまり性能に拘らなくてもいいと思います。
    なのでネットブックと呼ばれる持ち運びやすいパソコンや、
    iPadのようなタブレット端末などでも便利に使えると思います。
    
    以下に一応目安となるスペックを書いてみます。

    ・CPU  任意
     最近のはどれも高性能なので、
     動画編集やグラフィックの綺麗なゲームする予定が無ければ何でも大丈夫です。
     "Core i3"あたりは値段と性能のバランスが取れていてオススメです。
     "Atom"というCPUはインターネットやレポート作成には問題ないですが
     1台目として使うにはちょっと力不足な気もします。
     
    ・メモリ 2GB以上(出来れば4GB)
     2GBあれば一応スムーズに動作します。
     でも余裕のないギリギリのサイズが2GBなので、
     4GBあった方が快適さは増すと思います。
     
    ・ハードディスク 60GB以上
     音楽や動画等といったものをパソコンに取り込んだりしなければ
     この程度でも十分空きが残ります。
     メディアを取り込んで一元管理したいという方はお好みに合わせて。

    ・画面解像度 1024x768以上
     作業する場合、ある程度画面の表示能力があった方がいいです。
     とくにWindows7のデザインは面積をとるので,
     縦に解像度があった方が便利です。

    ・OS Windows7
     操作性ではMacの方が上かもしれませんが,
     互換性とかを考えると普及しているWindowsの方が無難です。
     64bit版と32bit版の2種類出ていますが、
     古いソフトや周辺機器を使うつもりがなければ
     64bitにしておいた方が将来使えると思います。

    ・メーカー
     海外メーカーの方が断然安いです。
     10万円あれば十分な性能のものが買えてしまいます。
     質も低価格なものを除けばいい物が多いです。
     DELLやHPは企業多く使われるだけあって信頼性も高いです。

     一方、国内メーカーは割高ですが付属ソフトやサポートが
     とても充実していてなにかあった時にも安心できます。
     どちらを取るかは個人の判断に任せます。
     SONYのVAIOオーナーメードなんかは
     国内メーカーでありながら安くパソコンを買うことが出来ます。」
     

3.Q「授業ではどのようなソフトを使用しますか」
3.A「どの学部でも使うことになるソフトは、
    Excel(表計算)とPowerPoint(スライド作成)です。
    これらは理工学基礎実験において、
    データ処理・プレゼン発表の目的で使われます。
    しかし、実験室や端末室のコンピュータを利用するので、
    自分のパソコンにインストールしておく必要はありません。
    学生向けのでも1,2万円しますので…。
    KINGSOFT office2010という兼価なものもありますので
    必要であればこちらも検討してみてください。

    入れておきたいソフトはやはりウイルス対策ソフトでしょう。
    ウイルスによって被害を被ったとしても基本は自己責任です。
    必要なデータが消えてしまったり、他人を巻き込んだりしない為にも、
    しっかりウイルス対策はしておいた方がよいです。
    (無料のものも存在します。例・Microsoft Security Essentials
    他にも授業によって使うソフトがあったりしますが、
    基本自分で用意する必要はありません。」

4.Q「大学で自分の持ち込んだパソコンをインターネットにつなげますか」
4.A「キャンパス内全てでは無いですが、学校の無線LANが使えます。
    詳細はこちら。
    なお、接続にはCisco VPN Clientというソフトが必須となります。
    64bit阪は現在検討中とのこと。
    また一部有線LANが使える教室もあります。
    大学でライブドアの無線のアカウントを無料取得できるので,
    それを利用する方法もあります。」

5.Q「生協が販売しているパソコンってどうなのですか」
5.A「生協がオススメしているLets noteのことですね。
    オススメしているだけあって、スペックは申し分ないです。
    耐水・耐衝撃も備えており大変実用的です。
    なので、気に入ったのであれば買って損は無いでしょう。
    問題があるとすれば値段ですかね。
    生協の側で値引いてくれてはいますが、それでも20万超えです。
    DELLなどで似たスペックを10万円以下で買えたりする場合もあるので、
    そこは値段分の価値があるか検討すべきでしょう。」
6.Q「ノートパソコンのバッテリー時間はどれくらい必要ですか」
6.A「バッテリーの駆動時間について。
    授業でパソコンが必須ということはあまりないため、
    2時間あれば最低限の用途は満たせると思います。
    授業のノートをパソコンで使いたい、空いてる時間にレポート書きたい
    というような用途があればもっと長いほうがいいかもしれません。
    それでも5時間もあれば十分だと思います。

    一方、10時間以上持つパソコンの強みは、
    こまめに充電する必要がないということです。
    5時間前後の駆動時間のものでは、
    フルに使うときは満充電しておく必要がありますが、
    長時間駆動のバッテリーであれば、
    使う前に充電し忘れていても何とかなります。

    バッテリーは劣化することも考慮に入れておいてください。
    初めのうちはパンフレット通りの時間動かせますが、
    使っているうちにどんどん駆動時間が短くなってきます。
    最終的にパンフレットの半分の時間になると考えるといいかもしれません。

    電源については,教室にあるところとないところがあります。
    各自が自由に使えるコンセントのある教室は多くは無いです。
    なので授業中に使いたいのであれば基本バッテリーでの使用を考えてください。
    教室外ではラウンジなどの場所で電源を利用できます。 
    (数としては十分とは言えませんが。)

ソニーストア


理工ガイド内関連記事

   * Q&A 【2011/04/13更新】
   - パソコンに関するQ&A (2011/02/17 追記)
   * 検索結果

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/25-535e89ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。