スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度早稲田大学一般入試 

センターも終わり、もうすぐ理工学部の一般入試ですね。
今年は2月16日の水曜日に試験が行われます。
今年早稲田を受ける受験生の方々、
合格を目指して頑張ってください。
理工ガイド編集部一同、心より応援しております。

※早稲田理工学部受験に臨むにあたり,
知りたいこと・不安なことなどがあれば遠慮せずに連絡ください。
(メールフォーム・拍手からどうぞ。)
受験・入学シーズンは極力早く返事できるようにしています。
尚,入試の問題傾向のような質問には,
十分な資料が用意出来ないので答えられないと思います。


▼ 記事続き ▼

早稲田大学の入試は非常に大規模で行われます。
そのため、理工学部だけの試験でも
他の早稲田のキャンパスまで目いっぱい使用されます。
受験票に「西早稲田キャンパス」とあれば、
それは理工生が普段利用するキャンパスです。
一足先に雰囲気を堪能できるのでラッキーかもしれません。
一方、多くの場合「早稲田キャンパス」が割り振られます。
早稲田と西早稲田キャンパスでは最寄り駅が異なりますので要注意です。

また、この規模行われるため、トイレは結構困ります。
キャンパスの路上に仮設トイレも設置されはするのですが、
毎年圧倒的に数が足りてません。
そのため試験の休み時間には長蛇の列が出来てしまいます。
前もって複数のトイレの位置を把握しておくとよいかもしれません。
※一般に下の階ほどトイレは混みます。

当日は受験票をもっていない人はキャンパス内に入ることが出来ません。
忘れ物をしないよう確認するのはもちろんのこと、
試験の休み時間などにキャンパスの外へ出たいという場合は
受験票を忘れないようにしてください。

早稲田理工は「6割」取れば合格出来ます。
どの科目のどんな問題で6割をもぎ取るのか、
というのをしっかりイメージしておくのが大事だと思います。
是非頑張って来てください。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/27-da385372

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。