スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生協ガイダンス・教科書販売 

新入生向けの行事の一つに
「生協ガイダンス」というものがあります。
大学生活にとって生協は欠かせないものです。
その生協で行われるガイダンスと、
同時に行われる教科書販売について書いてみます。


▼ 記事続き ▼

まずは日程についてから。
教科書販売に時間が掛かる都合上、
全学部同時にガイダンスという訳には行きません。
なので理工の各学部によって日時が異なります。
一番初めが3/31(学部ガイダンス等の日)で、
対象者は基幹の半分(学籍番号300まで)と
先進の”物理・応物・化学・生医”学科の方。
4/1(入学式)にあるのが基幹・先進の残りの方。
創造は4/3(図書館ガイダンスの日)にまとめて行われます。
時間・教室については各自科目登録の手引きを参照してください。

生協ガイダンスで行われる事は基本的に
・生協組合員未加入者の為の登録
・生協施設等について
・生協パソコンの宣伝
・教科書販売について
・教科書販売
です。

郵送で申し込まなかった人のために、
生協組合に加入する機会が当日あります。
教科書・本が1割引きで買えたりするので
加入しておく事をお勧めします。
加入に掛かる費用は卒業時返ってきますし。
なお直後にある教科書販売から割引が使えます。

続いて生協に関連する説明が行われます。
メインは生協パソコンの宣伝販売だったりしますが…。
関連:■ パソコンに関するQ&A→ 5.Q

そしてメインの教科書販売へと移ります。
売り場が狭いので、ガイダンスの教室で待機し、
順次会場へと移動することになります。
(会場は57号館地下1F。)
ガイダンス時に教科書一覧が配られるので、
待機中にどれを買うべきなのかが分かります。
値段の計算をしておくとスムーズでいいかも知れません。

会場に入ったらリストにある本を1冊づつ探して集めます。
大体学科ごとに固まっておいてあると思うのですぐ集まると思います。
会場では同時に
関数電卓・レポートセット・USBメモリー・電子辞書
なども一緒に販売しています。
学科によっては関数電卓必須となっています。
なので必要そうであれば買っておくと良いかもしれません。
レポートセットについては好みでどうぞ。
レポート用紙・方眼紙は頻繁に使いますが、
それ以外の内容物が要るかどうかは不確かな所です。
USBメモリーも1つは持っておきたい所です。
家と学校のパソコンでデータをやり取りするためにも必要です。
ただ値段については若干高めですが…。

尚、ここで販売されているものは後日でも買えます。
参考書や関数電卓など使うか判断に迷うものは保留で大丈夫です。

教科書販売で使う費用は結構バラバラです。
学術書は高価なので1冊2000~3000円は普通にしますし、
中には1冊1万円近い専門書が必要だったりもします。
また関数電卓は約8000円、電子辞書は2、3万しますので
それだけでも結構な出費になります。
多めにお金用意してきた方がいいでしょう。
とはいえ先ほど言ったとおり、
後でも普通に買えるので全部買わなくて構いません。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/47-d68ee928

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。