スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブストレージ 

理工の生徒向けにウェブストレージサービスが始まりました。

・ウェブストレージとは…
データを自由に出し入れ出来るしておける
インターネット上のスペースの事です。
うまく使えばUSBメモリを持ち運んだりせずに
家と学校のデータのやり取りができるようになります。

簡単に今回始まったサービスについて紹介します。

※追記:使用するには学内接続が必要なようです。
学校からアクセスするか,VPN接続(別記事参照)
するかしないと使えないみたいです。


▼ 記事続き ▼

理工メディアセンター ウェブストレージサービス
上記サイトから利用できます。
利用できる容量は500MBまで。
最近はギガバイトを越えるメモリーが普及してますが,
レポート文章やスライドといったデータだけなら
500メガでも十分過ぎるくらいの容量だと思います。
ログインするだけで簡単に使えるようになります。
尚,ログインIDについてですが,
利用の際にはUNIXシステムの利用申請をしていることが前提です。
■ 理工系学生ページ
この記事で申請方法を紹介しているので,
申請していない方はやってみてください。
設定自体はすぐ出来ます。
(利用可能まですこし待つ事になりますが。)
既に申請している方は,
IDに学籍番号を半角小文字ハイフン無しの9ケタ (例1X00X0000)
パスワードにWaseda-netのパスワード

を入れてログインしてみてください。

ストレージの使い方は簡単で,
保存したいファイルがあれば”アップロード”から,
保存したファイルをダウンロードしたければ一覧からそのファイル名を
クリックするだけです。

インターネットが繋がるところなら何所からでも
ファイルをやり取りできるので重宝すると思います。
また,作成中のレポート等をアップロードしておけば
パソコンに何かあった時でもデータだけは助かるので
簡易バックアップ目的でも利用できます。

(いちいちアップロードせずとも
自動で同期できる方法もあります。
あまり使い勝手は良くないようですが…。
試してみたい方はログイン後のメニューから
”クライアント設定 ダウンロード”
より専用ソフトをダウンロードしてみてください。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/59-cdccca5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。