スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトの収入上限103って 

成績発表いかがでしたでしょうか。
良かった人も、かんばしくなかった人も
後期に向けてのバネになるといいですね。

今日は、少しアルバイトでの収入上限について
お話したいなと思います。
業種によっては案外超えたりしてしまいかねないので
注意が必要です。。


▼ 記事続き ▼

基本的に、年収は「103万」を超えてはいけないことになっています。
正確には、超えてはいけないというよりは、超えると大変なことに
なりますよ、というのがよいのでしょうが、どっちみち面倒なのには
変わりありません。

103を超えるとどうなるか。
自分の給料自体には(ほとんど)影響しません。
ただ実は、大学生は、「特定扶養親族」というふるいにかけられています。
つまり、「特別に扶養が必要なので、税金については少し
多めにみてあげましょう政策」です。
年間でおおよそ12.6万というところが多いです。
この12.6万が本来かかる親の所得税から差し引かれています。
これがゼロになる、つまり親にかかる税金が12.6万増えるのと同じこと、
というわけです。

じゃあ元をとればいいやと130万というボーダーを超えると
今度は地獄絵図です。
国民年金+健康保険加入はほぼ義務なので、年間
 17.6+7=約25万
の支払いになってきます。
たぶん年間160くらいでようやく釣り合うと思えばいいのでは?

結果だけ言うと
「103と130、特に130には注意!」というところでしょうか。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wasedariko.blog86.fc2.com/tb.php/74-df5c97c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。